[掲示板にもどる]
ワード検索

検索結果:1779件 [次の20件] [検索やり直し]
[4740へのレス] Re: 父 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/10/18(Wed) 23:49

フレブルさん、
もう少し顔の陰影を整理したほうが良いですね。(肌の色に気持ちが向きすぎ)
背景(の明暗)はもっと平坦に塗りましょう。

それと、お父上の体格を知りませんが、肩や胸が華奢な感じがします。
広角のレンズで撮った写真は奥が小さくなりますので気をつけてください。

[4740へのレス] Re: 父 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/10/30(Mon) 00:36

>こういうのは修正作投稿になってしまうのでしょうか?

はい、そうなります。でもフレブルさんならかまわないですよ。
絵を学んでおられる他の皆さんにずいぶん参考になると思います。

今回は服(布)の描き方について。

1.波打ったところ。(陰影)
2.縫目のところ。(境界)
3.切れて重なっているところ(襟や首の合わせ目やポケット上部など)

意識的にこの違いを際立たせれば(描き分ければ)もっとしっかりした表現になります。
「見えたとおり、写真のとおり」ではなく「こう見せたかった」という気持ちで描きましょう。
これは一例にすぎませんがその部分で表現(アートとしての)が成立します。

[4740へのレス] Re: 父 投稿者:フレブル 投稿日:2017/11/05(Sun) 20:17
Hima先生、こんばんは。お忙しい中いつもお世話になっています。

あまり変化はないかもです。たぶん表現がまだ弱いからでしょう。

私自身少し迷いぎみですが、コメントなどあればよろしくお願いします。

[4740へのレス] Re: 父 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/11/05(Sun) 20:48

表現が弱いか強いかは作品の意図によってそれぞれでしょう。
いくらかは幅があってかまわないことです。
これで弱すぎるということはありません。
(許容範囲をこえる場合は指摘させていただきます)

あとは色ですね。
特に背景の色、絵全体が茶系統のみになっていますが
背景の色にもう少し「深み」があってもいいと思います。
(わざわざ別系統の色にするということではなく「深み」の問題です)

[4740へのレス] Re: 父 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/11/05(Sun) 22:09

はい、「深み」への方法はいろいろあると思います。
なかには偶然というのもありそうですね。(ですからいろいろ試してみることです)

私の経験では、常に筆はきれいに洗ったものを使う、パレットも毎回使い捨ての紙パレットを用いるといったような「潔癖症」の人の絵は「深み」が乏しいように思います。(あくまで私の感想ですが)

フレブルさんが描くときはどうですか?(リアルの教室ならチェックできるのですが…)

意図したものかどうかにかかわらず、料理で言えば食材ではなく調味料レベルの「隠し味」程度だと考えてください。
全体の味が変わってしまうようなのは「深み」とは言いません。(これは別の問題です)

[4740へのレス] Re: 父 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/11/12(Sun) 18:49

このようなすっきりした色も個性のひとつです。
これでほぼしっかり描き切っておられるのではと思います。
左側の肩の手前側への「突き出し感」がまだ弱いかもしれません。
肩が顔より手前に感じるように、ですが手がかりが少ない部分ですから難しいところです。
あと胸のマークのカーブの度合いなどですね。(もう少し反ってもいい)

[4740へのレス] Re: 父 投稿者:フレブル 投稿日:2017/11/19(Sun) 13:50
Hima先生こんにちは。

少しの変化ですが、これでこの絵は終わりにします。

今までアドバイスなどありがとうございました。

[4740へのレス] Re: 父 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/11/19(Sun) 20:24

はい、こちらこそ感謝です。
しっかり描きこまれていると思います。
髪の毛や目鼻などの表現(描きこみ)は私にとっても参考になります。
(年のせいか、もうそこまで「根気」はありませんが)

[4740へのレス] Re: 父 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/11/20(Mon) 00:00

「芸術性」を狙ってはいけません。それは(すべてをかけて)描き続けたあとに自然に滲み出るものです。
このまま、ありのままでいいので頑張ってください。

[4737へのレス] Re: 文鳥 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/05/22(Mon) 18:33

モンブランさん、
色や筆さばきはなかなかのものですよ。楽しく描くのがなによりです。

感想になりますが3点。
小鳥を一羽描く場合は胴と羽根(翼)の描きわけを。(これは写真の問題ですね)
足の質感がゴムかビニールのようです。もっと乾燥した感じに。
枝の白い部分の白絵具の使い方、粉を吹いたようにならないように。

小鳥は頻繁に動きますから実際に見ながらこんなふうには描けませんよね。


[4734へのレス] Re: 愛犬のパピヨン 投稿者:Hima@豊中美研 投稿日:2017/03/06(Mon) 11:51

ヒロさん、申し訳けありません。
半年以上投稿がなかった掲示板ですので見逃していました。

この構図では(表情を描きたい場合は)顔が小さくなってしまいます。
逆に全身を描くのならば足や尻尾が隠れないようにしたほうがいいでしょう。
このままでは窮屈ですね。

それと、これも表情の表現のためという点では
もう少し細い線が駆使できる鉛筆のほうがいいと思います。

[4729へのレス] Re: 愛犬 投稿者:Hima 投稿日:2016/07/17(Sun) 19:18
ヒロさん、

そうですね、毛の質感と立体感(陰影)の両立は難しいですね。
どちらを優先するかは絵の狙い(テーマ)によります。
とは言っても目鼻口のあたりの立体感はなかなかいいですよ。
周囲の空間を少し広めにとるとさらに絵として良くなると思います。(これでは窮屈な感じ)

趣味で愛犬を描くだけではなく将来は動物肖像画のプロを目指しておられるとか?

[4729へのレス] Re: 愛犬 投稿者:Hima 投稿日:2016/07/18(Mon) 23:01

じゅうぶん仕事になるところまで到達できそうですよ。
もしプロをめざしておられるのなら「いろんな動物を・・・」と書こうかと思っていました。

[4724へのレス] Re: 愛犬 投稿者:Hima 投稿日:2016/07/08(Fri) 00:50
ヒロさん、
だんだん「らしく」なってきましたね。
顔(目から顎にかけて)の輪郭線は濃くならないほうがいいです。
前より良くなってきましたが、さらに頭の立体感の表現を追求しましょう・・・
右の耳は切りすぎです。

[4724へのレス] Re: 愛犬 投稿者:Hima 投稿日:2016/07/08(Fri) 16:29

用紙の大きさはどのくらいでしたっけ?。


[4719へのレス] Re: パピヨン犬「プリン」です。 投稿者:Hima 投稿日:2016/06/29(Wed) 17:40

ヒロさん、
絵になってきましたね。
顔の立体感がまだまだでていません。(平板な感じがします)
目と鼻は(毛の部分とは)質感が違いますから実際より際立たせる方向で描きましょう。そうすれば可愛くなると思います。
サインは派手すぎますね。さりげなくもっと小さく書くと上品になりますよ。

[4719へのレス] Re: パピヨン犬「プリン」です。 投稿者:Hima 投稿日:2016/06/30(Thu) 21:44

>際立たせてって言うのはもっとはっきり濃く描けば良いのですよね?

はい、濃く描いたりタッチ(塗り方)を変えることです。
毛との「違い」を強調するわけです。

[4714へのレス] Re: パピヨン犬「チロ」 投稿者:Hima 投稿日:2016/06/21(Tue) 16:48

カーテンから首を出しているところですか?
犬以外のものは描かないほうがいいです。
描く場合は状況がしっかりわかる(見る人に伝わる)設定にしましょう。

[4714へのレス] Re: パピヨン犬「チロ」 投稿者:Hima 投稿日:2016/06/21(Tue) 21:47

この長さで「耳の毛」とは思いもしませんでした。(尻尾かも、とはちょっと思いましたが)
いろんな品種があるのですね。
目鼻口はさすが飼い主という感じです。

[4707へのレス] Re: たまねぎとコーヒードリッパーと布 投稿者:Hima@豊仲美研 投稿日:2015/09/08(Tue) 01:23
すけみさん、

構図ですが、布とその下のタッパー(?)の位置と向きが揃いすぎです。
タマネギのツノも背後のモチーフと混じらないほうがいいですね。
水彩の塗り方については、コーヒードリッパーの上半分の存在感が弱いです。
白いものでも全体が白っぽくなると弱くなります。(離れて絵を眺めてみましょう)
・・・などです。