豊中美術研究所
[ HOME ]
無題

NO.10335   無題  おりえ | profile |  2012/11/23
Hima先生、こんにちは!!!

フランスパンを描きました。
断面図部分のパンを描きたかったので真正面に置きました。

食べ物はなるべく美味しそうに見えるように描きたいと思うのですが、質感や立体表現に集中してどうもその辺りが表現しきれません。

よろしくお願い致します。

NO.10336   Re: 無題  Hima@豊中美研 | profile |  2012/11/24
おりえさん、

趣向としてはわかるのですが、真正面すぎると思います。
おいしくない(?)部分に助けてもらっておいしさを表現しましょう。
いえ、テーマの断面の質感はその他の部分のに助けてもらって描けるものなのです。
立体感と影の関係についても同じですね。

写真ではわかりにくいのですがタッチ(鉛筆)と紙の選択もすこし違うように見えます。

NO.10337   Re: 無題  おりえ | profile |  2012/11/24
やはり真正面過ぎましたね。

タッチはパンの柔らかさを表現したいと思いHBで柔らかいタッチで描いたのですがパサパサ感になってしまいました。。。。
紙はいつものです。

>テーマの断面の質感はその他の部分のに助けてもらって描けるものなのです。

これは例えばフランスパンの皮部分の固さの表現で断面の柔らかい質感を際立たせるという理解で良いのでしょうか?

NO.10338   Re: 無題  Hima@豊中美研 | profile |  2012/11/24
>これは例えばフランスパンの皮部分の固さの表現で断面の柔らかい質感を際立たせるという理解で良いのでしょうか?

はい、乾燥度や色表面の状態の違いを少し強めに際立たせる(対比させる)わけです。
(やりすぎると不自然になりますが、そこは適度に)

NO.10339   Re: 無題  おりえ | profile |  2012/11/24

>はい、乾燥度や色表面の状態の違いを少し強めに際立たせる(対比させる)わけです。

そういう方法があるんですね。どうしてもそのもので表現
しようと思っていました。
ありがとうございました。

BACK  INDEX  NEXT