豊中美術研究所
[ HOME ]
セータ

NO.2203   セータ  Rinko | profile |  2004/04/01
お久しぶりです。

たくさんの投稿で賑やかですね。
先月ちまちまと描いていたものを
ちょっとご指導頂きたいのですが。

☆ 紙:ケント紙
☆鉛筆:H,HB,2B

よろしくお願いいたします。

NO.2205   Re: セータ  Hima@豊中美研 | profile |  2004/04/02  [ URL ]
Rinkoさん、ほんとおひさしぶりです。

いいですよ、しっかり「作品」になっていますね。紙を継ぎ足したところが最高!<笑>
以下は「指導」ではなくて、わたしの感想ということでお聞きください。

セーターの襟の部分は(セーターとしては)とても表情豊かなところなので、
これに重複するようなスカーフのあり方は考えるべきだと思います。
スカーフをもう少し跳ね上げてもいいのでは?

デッサンのトーン(塗り)には色彩が宿ります。
この「色彩感」を追求してください。それがまだ弱いのです。

いい鉛筆デッサンとは白黒の世界にとどまらず、それを「のり越えている」デッサンのことなのですね。
特に壁の色と、壁にうつったセーターの影に注意です。

NO.2214   Re: セータ  Rinko | profile |  2004/04/03
ご指導ありがとうございます。

実のところ、スカーフではなくてマフラーです...。
薄っぺらいマフラーではあるのですが..(笑)

それからマフラーは、多少糸で吊り上げて跳ね上げる
感じをだしたつもりだったのですが、これも少し
演出不足だったですね。うーん、いろいろ勉強して
みます。

「色彩感」ですか・・・。赤なら赤を思わせるような
”塗り”ということでしょうか?
ただ「弱い」というのはなんとなく理解できます。

特に壁の色と、壁にうつったセーターの影 というのは
とても良いヒントになります。

ちょっと頑張ってみます!

NO.2219   Re: セータ  Hima@豊中美研 | profile |  2004/04/03  [ URL ]
>「色彩感」ですか・・・。赤なら赤を思わせるような”塗り”ということでしょうか?

赤や緑といった具体的な色のことではないですが、「色に見える」ということですね。

NO.2224   Re: セータ  Hima@豊中美研 | profile |  2004/04/05  [ URL ]
こういうデッサンをこれから50枚描いてください。
そのうちの20枚のデッサンで銀座で個展が開けます。

ひとつ注意しておくことがあります。このさき装飾に傾倒しないように。

NO.2249   Re: セータ  Rinko | profile |  2004/04/14
たまたま、過去ログをぼやーと見ていたら、
こんなご意見を見過ごしていたことを知って、
びっくりしました。

こういうデッサンについて、あるいは見せ方について、
今の仕事について、いろいろ悩んでいて・・・
時間とかあまり取れなくて・・・
でも頑張らないとと思います。


BACK  INDEX  NEXT