豊中美術研究所
[ HOME ]
オレンジ

NO.4604   オレンジ  篭手 | profile |  2006/02/27
紙:ケント紙
鉛筆:2B HB
時間:二時間

 立派なオレンジがあったので、底の部分をすこし押して、真っ直ぐ立つようにして描いてみました。

 しばらく粘ったのですが、上半分の細かい明暗が追い切れませんでした。これもこれでいいかな・・とおもって終えました。

 講評お願いします。


NO.4607   Re: オレンジ  Hima@豊中美研 | profile |  2006/03/01  [ URL ]
篭手さん、

☆☆☆

全体に描き方が少し弱いです。
それと、おっしゃるように上部の凹凸が曖昧ですね。
質感を無視して、最初は立体(凹凸)の明暗(陰影)を正確に描くことですね。
両方一度にやろうとすると難しくなります。

質感については最も手前の描きやすい部分で挑戦すればいいです。
デッサンでは部分の質感が全体に「波及」するのです。<笑>

NO.4610   Re: オレンジ  篭手 | profile |  2006/03/01
講評ありがとうございます。

立体を先立たせるのが第一ですね。同じ部分で、質感も立体感もという風に、欲張るとどっちつかずになるらしいことは、分かりました。

BACK  INDEX  NEXT