豊中美術研究所
[ HOME ]
手

NO.5151   手  ヤマト | profile |  2006/11/30
お久しぶりです。
手を描きました。
時間は3時間、4つ切り画用紙に描きました。
使用鉛筆はF〜5B
気付いた点は、
・色の存在感の薄さ
・親指の表現の甘さ
・指同士の距離感・空間
です。
御講評お願い致します。

NO.5152   Re: 手  Hima@豊中美研 | profile |  2006/12/03
ヤマトさん、こんにちは。

おお、これは作品としてはおもしろい絵ですね。
なかなか普通では描けない絵です。すごい「力」を感じます。

デッサンとしては・・・これは形の正確さや明暗(トーン)の勉強ですから
なおさないといけないことがいろいろあります。
そこをうまく割り切って考えられるかどうか、大切なことですので頭に入れておいてください。

○腕が太すぎる
○指が細すぎる。特に指先が極端に細い。
○手のひらの内側のくぼみの空間が平坦
○全体の「塊のトーン」、指の「円柱のトーン」が乏しい。
○手首の関節の解釈があいまい・・・

などいろいろ指摘できます。

でも、いい絵です。
将来絵画やイラストの道にすすめば成功すると思いますよ。

NO.5157   Re: 手  ヤマト | profile |  2006/12/04
わ、わわ;;お忙しい中講評ありがとうございます!
周りの絵描き友達が上手くなっていき、
私だけ伸びなくてデッサンするのが怖くなってきた中、苦肉の作品となった絵なのですが
いい絵だなんて言って貰えるとは思いませんでした…
でもやはりデッサンとしては問題は多いですね。
(恐らくもっと色々問題点があると思います…;;)
今また手のデッサンを新しく描いているのですが、その絵では今回指摘された点が改善できるように心がけます。
この講評、とても励みになり、やる気が俄然沸いてきました。
もっと何枚もデッサン描いて形・トーンが確りと描けるように頑張ります。
有難うございました。

BACK  INDEX  NEXT