豊中美術研究所
[ HOME ]
玉葱

NO.5781   玉葱  コーギー | profile |  2007/09/12
色にむらがあるので,立体感を出さなくてはいけないけれど,暗い場所の中の玉葱の明るい色と明るい場所の中での玉葱の濃い色との兼ね合いをどうするか難しかったです。
御講評よろしくお願いします。

NO.5782   Re: 玉葱  Hima@豊中美研 | profile |  2007/09/13
コーギーさん、

いいデッサンです。
上皮がもっと濃い色ならばよかったですね、2枚目の皮との違いでタマネギらしさが際立ちます。
タマネギの皮の色は千差万別ですが、作為でもっと濃くしてもよかったかも。<笑>

問題は下半分です。色としてはこのように白っぽかったと思います。
立体(球)トーンとしては濃くせねばならないわけで、この二律背反には悩むところです。
反射光のところはこのままで一部だけもう少し黒くてもいいかと思います。
微妙な加減として手を加える余地があるかも、というところですね。

NO.5784   Re: 玉葱  コーギー | profile |  2007/09/13
御講評ありがとうございます。
玉葱の皮に何層も包まれている感じが上皮濃くすることで
でるんですね。

下半分…特に右下は,黄色くて悩みました。もうすこし
暗くしてもいいんですね。確かに,もう少し
濃くしても玉葱であること
の妨げには全くならないですよね。

このあたりの作為が決まるには,この描いた玉葱だけ
をよく見ればいいのではなくて,もっといろいろな玉葱を見て,
全体の玉葱の特徴というものをとらえている必要がありますね。

よく目にしているけれど気づいていないことがまだまだあり
そうです。

食べ物への見方が変わりそうです。

BACK  INDEX  NEXT