豊中美術研究所
[ HOME ]
発泡スチロール

NO.5948   発泡スチロール  鴨川系 | profile |  2007/11/20
こんにちは。
今回は投影のトーンを意識して発泡スチロールを描きました。
御講評よろしくお願いします。
※スキャナーで取り込めないサイズであったため、端の方がかけています。

NO.5951   Re: 発泡スチロール  Hima@豊中美研 | profile |  2007/11/21
鴨川系さん、

いまの段階では材質感の表現よりも形態やトーン(陰影)の勉強をしなくてはいけませんね。
タッチを使いましょう。鉛筆の腹で塗らないようにしてください。

投影の向こう側が水平になっていますが、これは机の端なのですか?

NO.5959   Re: 発泡スチロール  鴨川系 | profile |  2007/11/22
御講評ありがとうございます。

形態やトーンの勉強ですか。
確かに言われてみると、形がずれています・・。

>タッチを使いましょう。鉛筆の腹で塗らないようにしてください。
調子をつけろ、という意味でしょうか?自分なりに模索してみます。

投影の向こう側が水平になっているのは、モチーフを乗せたコピー用紙と机の境界線です。
何も描かれていないところに机の面があるのですが、描きこむのをやめてしまいました。きちんと描くべきでした。すみません。

NO.5960   Re: 発泡スチロール  Hima@豊中美研 | profile |  2007/11/22
発泡スチロールの形(辺)や表面には微妙で独特な変化があるのですが
まず練習して欲しいのは正確に形をとりしっかり平坦なトーンを塗れることです。
技術不足でのムラなのか、質感表現のための工夫なのか中途半端な表現では困るわけですね。

形とトーンの練習を優先する=質感は無視するというのが初歩の勉強のやり方になります。

NO.5965   Re: 発泡スチロール  鴨川系 | profile |  2007/11/22
補足説明ありがとうございます。
形とトーンをきっちり勉強しておきます。
次回もよろしくお願いします。

BACK  INDEX  NEXT