豊中美術研究所
[ HOME ]
タイヤ

NO.6239   タイヤ  寅吉 | profile |  2008/03/12
タイヤを描いてみました。

様々な円が微妙にずれることで交わっていて
とても描くのが難しく思えました。

素材がゴムなのに、まるで木彫りのタイヤ
のようですね。

また、私の姿勢が一定しないせいか、
見る角度が微妙にズレて、
全体的にいびつになりました。

時間 5時間
鉛筆 H、B、2B、4B

ご講評よろしくお願い致します。

Re: タイヤ

NO.6240   Re: タイヤ  Hima@豊中美研 | profile |  2008/03/12
はい、ぜんぜん薄い(淡い)です・・・固有色のトーンが出ていません。
立体のトーンもまだまだです。

きっと細かい凹凸などが先に目についてしまうのでしょう。
タイヤメーカーとか銘柄(商品名)とかそういうところに気持ちが向いていませんか?
(それはないですか<笑>)

目の前にタイヤがあります。それを包んでいる空間(空気)を最初に相手にしてください。
それから、次は物体の量感です。色です。
そして重量感です。内側(裏側)の空間です。

多少の姿勢のブレなど気にしないでください。
意識することは「どうあるべきか」、だけでいいです。

入手先を失念した作品(デッサン)なので部分引用ですが、
並べてみると上記の話の参考になると思います。

NO.6242   Re: タイヤ  寅吉 | profile |  2008/03/12
ご明察です。
形にこだわってしまっています。

そろりそろりと描き進めて、
形がとれたところで先に進めなくなり
お手上げになっています。

ピーマンもそうでしたが、
どうも同じ間違いを繰り返していますね。

お手本は、量感も色もまさにタイヤですね。
目指すべき絵だと感じます。

何を相手にするかを間違えないことですね。
ありがとうございます。

BACK  INDEX  NEXT