豊中美術研究所
[ HOME ]
nepiaとリンゴ

NO.6262   nepiaとリンゴ  骨折完治 | profile |  2008/03/21
初めて投稿します。よろしくお願いします。
昨年7月頃からデッサンを始めたのですが、
たまに学校の先生に見てもらうぐらいで
殆ど独学に近い状態でした。
成長が遅い事を痛感しています。
4月から専門学校に通うので、それまでにしっかり描けるようになりたいです。


掛かった時間は3時間 鉛筆はuniのH,HB,F,B,2Bです。
全てにおいて荒くなってしまいました。

NO.6265   Re: nepiaとリンゴ  Hima@豊中美研 | profile |  2008/03/22
骨折完治さん、こんにちは。
何か大きな事故でも経験されましたか? 完治ならなによりですが。

それぞれの表情はうまくとらえていると思います。
それは人間で言えば、皮膚の質感や化粧にあたる事柄です。
料理で言えば調味料による味付けのところですね。
仕上がりに関係するとても大事なことですので、それはそれで良いに越したことはありません。

いっぽう頭蓋骨の形や筋肉の表現まで責任を負うというのがデッサンであるとすれば
配置や大きさのバランス、基本的な形体が問題になります。

まず奥行きを考えて配置すること(このままでは横並び)。直方体の各辺の平行関係。
リンゴについては球体の表現、芯が中心を貫いているかどうかなどチエックしてください。
ティシューをどの形にどのくらい引き出すのか・・・というのも大事ですね。

NO.6281   Re: nepiaとリンゴ  骨折完治 | profile |  2008/03/23
講評ありがとうございます。
言われてみれば、なるほど、表面上を気にしてばかりで
配置などはあまり考えていなかったように思えます。

ティッシュ箱は10回ほど描いているのですが、
一向に上達しません。模様の部分の明暗のつけ方が
いまいち、よく解りません。
形もどこかが毎回狂ってしまうようです。
視線がズレているせいでしょうか?

BACK  INDEX  NEXT