豊中美術研究所
[ HOME ]
水筒、長ねぎ、レンガ

NO.8002   水筒、長ねぎ、レンガ  フレブル | profile |  2010/02/02
お世話になります。

ステンレスの水筒、長ねぎ、レンガを描いてみました。

また複数モチーフで申し訳ございません。
簡単なコメントでかまいません。

水筒が少し傾いてしまいました。

紙 画用紙

ご講評よろしくお願いします。

NO.8003   Re: 水筒、長ねぎ、レンガ  Hima@豊中美研 | profile |  2010/02/02
フレブルさん、

構成(組み合わせ)はいいのですが、全体が少し左に寄りましたね。
組み合わせたモチーフ全体の「重心」が画面の中央にくるようにしましょう。

ステンレスのやネギ(葉のほう)などはかなり描けているのですが、
他はまだ塗り方が平坦で弱い感じがします。

水筒の取っ手部分(黒ならうすすぎる)、ネギの茎(トーンが弱い)
レンガ(塗っただけ)、投影(明暗や輪郭の状態)などの表現が弱いです。

もう少し描き方(鉛筆のタッチ)に元気があったほうがいい、ということでしょうか。

NO.8004   Re: 水筒、長ねぎ、レンガ  フレブル | profile |  2010/02/02
ご講評ありがとうございます。

重心が画面の中央にくることは気がつきませんでした。
あとはHima@先生の指摘した通りだと自分も思います。
特にレンガはそう感じました。

鉛筆のタッチも気をつけるようにします。

次回は一つのモチーフにしようと思います。

ありがとうございました。

NO.8005   Re: 水筒、長ねぎ、レンガ  Hima@豊中美研 | profile |  2010/02/02
「重心」というのはモチーフの形や色や実際の重さを加味したうえの「感覚的な重心」のことです。
(モノサシで計れる寸法上の中心ということではありません)
そこに造形上の「バランス感覚」が出るわけですね。
これ以上の説明は・・・とても難しくなります。なんとか「感覚的」にわかってください。

BACK  INDEX  NEXT