豊中美術研究所
[ HOME ]
ビール缶

NO.8705   ビール缶  ゼフィド | profile |  2010/10/01
こんにちわ。数ヶ月ぶりデッサンを描きました。
制作時間2.5時間
鉛筆3H〜3B
缶は質感と模様に重視を置きたかったのですが
映りこみがないせいか立体トーンがめだってしまいました。
ご講評お願いします。

NO.8706   Re: ビール缶  Hima@豊中美研 | profile |  2010/10/01
ゼフィドさん、こんにちは。

なかなか良いデッサンですね。
高校生(受験生)のデッサンでは味わえない大人の香りが漂っておりますよ。
こういうデッサンを見せていただけるのは私の「役得」というものです。

楕円の形に注意してください。
最上部の楕円ですが右のほうが尖って見えます。
それから全体(側面)の塗り方ですが、質感(ツヤ)を感じさせるためにはこのような「平坦」な塗り方ではないほうがいいです。
縦方向のタッチを主体にして明暗トーンではない濃淡を描いてみてください。
缶を(机上ではなく)空中にかざして傾けたりして眺めてみると質感表現(濃淡)のヒントが見つかるかと思います。

NO.8707   Re: ビール缶  ゼフィド | profile |  2010/10/01
お褒め言葉ありがとうございます。今後の制作に精がでます。
楕円に関しては言われて気づくというループから抜け出したいです。
それとを描く前にモチーフに実際に触れてたり
どのような構造かをよく見て理解してから描くという「基本」を忘れてました。
(何も考えず見えるもの描いてました)
次もがんばってみます。ありがとうございました。

BACK  INDEX  NEXT