豊中美術研究所
[ HOME ]
タオルと発泡スチロールの立方体

NO.9053   タオルと発泡スチロールの立方体  ケルト | profile |  2011/05/14
hima先生こんにちは、

今回はタオルと立方体を描かせていただきました。

発泡スチロールはタオルに少し乗せたほうが
軽さが表現できたかな、と思います。

鉛筆:H〜5B

時間:5時間

講評よろしくお願いしますm(_ _)m

NO.9054   Re: タオルと発泡スチロールの立方体  Hima@豊中美研 | profile |  2011/05/14
ケルトさん、こんにちは。

元気(迫力)があって良いデッサンです。

遠近感を強調しようということでしょうが、タオルの両端の量感が違いすぎます。
工夫が極端にならないよう、さりげなくにとどめておきましょう。

>発泡スチロールはタオルに少し乗せたほうが
>軽さが表現できたかな、と思います。

そうです。
構図(配置)だけで質感(軽さ)まで表現できるわけですから、石膏の立方体と同じ置き方では物足りないですね。

そのほか、構図としては直線の部分(立方体)を曲線(タオル)ですっぽりと包みすぎです。

NO.9055   Re:  ケルト | profile |  2011/05/14
講評ありがとうございますm(_ _)m

確かにタオルの両端を改めて見てみると
同じタオルには見えませんね・・・

これからは質感も表現できる構図を勉強していきたいです。

では、ありがとうございました。

BACK  INDEX  NEXT