[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
立方体

NO.482   立方体  ノール@大阪 | profile |  2003/05/12
フリートークの方でお尋ねしてからずいぶん経ってしまいましたが、
やっと1枚描けました。
ちゃんとデッサンを描いたのは初めてなので、とても時間がかかってしまいました。

気づいた点ですが、
・全体的に淡い。もうちょっとしっかり濃淡をつけてもいいかも?
・光のあたり具合、暗いところと明るいところをとらえるのが難しい。
・練りゴムの使い方、プラスチック消しゴムとの使い分けがわからない。

ケント紙に2H〜4Bの鉛筆を使って描きました。
立方体の素材はつやのある紙で、面と面の間がわずかに面積があり、光っているように見えていたので、それをどう表現したらいいのか迷いました。

つたないデッサンですが、添削よろしくお願いします。






Re: 立方体

NO.484   Re: 立方体  Hima@豊中美研 | profile |  2003/05/12
ノールさん、

紙で立方体を作って、それをそのまま写生したような絵になっています。
紙のたわみとか、そのまま描かれていませんか?
説明不足でしたが、理想的な幾何形体としての「白い立方体」を想定して描く練習です。

○このモチーフの場合(というかほとんどの場合)鉛筆は2Bまで、
 それ以上やわらかい鉛筆は使いません。
 鉛筆の先を使って「線」で描きましょう。(将来いろんなものを描くのための練習です)
○形の直線(立方体の各辺)はもっとまっすぐに。
○消しゴムは100%消す、練りゴムは(こすらないで押さえるようにして使い)
 描いた鉛筆の粉を30%50%「減らす」というような使い分けになります。
 そのほか、いろいろありますので工夫しながら使い方を発見してください。
○上の面が最も明るくなるように光をあてる。
○いまは素材の紙の質感の表現は考えないでいいです。「白い立方体」の練習ですから。

もう一枚、やってみてください。↓画像は塗り方(線で描く)の参考です。

NO.497   Re: 立方体  ノール@大阪 | profile |  2003/05/15
添削ありがとうございます。
「写生」、してました…。
「デッサン」と「写生」の違いはどういうところなのですか?
もう1枚、立方体書いてみます。
時間があるときは描くようにしてるのですが、
まだ習慣ができてないので、次の投稿はまた日が空いてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。

NO.504   Re: 立方体  Hima@豊中美研 | profile |  2003/05/15
ノールさん、

>「デッサン」と「写生」の違いはどういうところなのですか?

デッサンも写生も同じようなものなのですが、
最初のうちはどうすれば立方体が描けるかをテーマにしています。
ということで「想定描写=目の前にあるものは参考程度に」と考えて
「理想的な立方体」を描くつもりで取り組んでください。

材質感や紙のたわみや傷や汚れなどは無視するわけです。

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。