[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
りんご

NO.6399   りんご  ぴえた | profile |  2008/04/20
2,3週間ぶりに投稿します。
芯の部分の窪みをどう描いていいかよくわかりませんでした。
よろしくお願いします




NO.6401   Re: りんご  Hima@豊中美研 | profile |  2008/04/20
ぴえたさん、

右のリンゴが一番いいですね。

球体の感じを表現するための工夫をしてください。
基本は「球のトーン」です。それから「球のタッチ」。
質感や色がそのトーンを隠しますので、しっかり意識しないといけないわけです。

それから、奥のリンゴは浮き上がって見えます。そう見えませんか?

NO.6403   Re: りんご  ぴえた | profile |  2008/04/21
ご講評ありがとうございます。
確かに奥のリンゴは不自然ですね。

「球のトーン」というのはなんとなく分かるのですが、「球のタッチ」というのはどのようなことでしょうか?

NO.6404   Re: りんご  Hima@豊中美研 | profile |  2008/04/21
>「球のトーン」というのはなんとなく分かるのですが、「球のタッチ」というのはどのようなことでしょうか?

地球儀で言えば緯線・経線方向のタッチですね。
(そのほかにも明暗や形(輪郭)に関係するタッチもあります)

経線方向はこれでいいですから、緯線方向のタッチを少し加えてみましょう。
向こうに回りこむ感じをこめた楕円形です。
球体の上半分はその楕円の向こう側も隠れないわけです。

NO.6407   Re: りんご  ぴえた | profile |  2008/04/21
向こうに回り込むということは意識していませんでした。
これからは緯線方向のタッチにも気おつけて、球を意識して描いてみます。

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。