[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
湯飲み茶碗_2回目

NO.7445   湯飲み茶碗_2回目  Nikki | profile |  2009/05/16
Hima@豊中美研先生 こんにちは

前回より視点を少し下げて、
ご指摘いただいたところを意識しながら描きました。
テーブルの投影、力入れすぎで濃くなってしまいました。。。
ご講評宜しくお願いいたします。

※グレースケールは、
制作前後どちらで描いたらいいのでしょうか。
ちなみに私は2回とも制作後に描いています。

鉛筆:H2、H、HB、B、B2、B4、B6
時間:約2時間半
用紙:B3サイズ




NO.7447   Re: 湯飲み茶碗_2回目  Hima@豊中美研 | profile |  2009/05/16
Nikkiさん、

影が平坦ですが、同じ意味で本体のトーンも平坦です。
塗りやすいトーンだけでなくすべてのトーン(灰色)を総動員して描くようにしましょう。

スケールは最初に描いてください。
そこで何種類の灰色を描ける(作れる)かにかかっていると思います。

NO.7455   Re: 湯飲み茶碗_2回目  Nikki | profile |  2009/05/17
ご講評ありがとうございます。
返信遅くなって申し訳ございません。

影が平坦で濃すぎると、
自身でも感じていたのですが、
本体も平坦なんですね。。。
トーン総動員で!ということは、
本体もっと濃淡を付けるということでしょうか。

描くサイズですが、
私も大きく描きすぎていました。
2〜2.5倍ぐらいで描いていました。。。
ひとまわり大きくぐらいなんですね。
気をつけます。
あと、スケールも次回からは最初に描きます!

NO.7456   Re: 湯飲み茶碗_2回目  Hima@豊中美研 | profile |  2009/05/18
>トーン総動員で!ということは、
>本体もっと濃淡を付けるということでしょうか。

スケールで塗っていただいたような階調(灰色)に
0番(白)から10番(黒)までの番号をつけるとして
そのすべてを使うつもりでなだらかにトーンの変化を表現して欲しいわけです。

たとえばこの茶碗の内側でいえば、今のところ1番と7番の2色だけで塗られているように見えるわけですね。
影(投影)は8or9番の1色になっています。

・・・と、こういう説明で分かるでしょうか。

NO.7457   Re: 湯飲み茶碗_2回目  Nikki | profile |  2009/05/18
はい、理解できました。

ご返信ありがとうございます。

次回はマグカップを描いてみます!

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。