[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
中国茶器

NO.7558   中国茶器  コットン気分 | profile |  2009/07/12
Hima@豊中美研先生、いつもお世話になっています。

中国茶器 2時間 BBケントです。
ご講評どうぞよろしくお願いします。




NO.7562   Re: 中国茶器  Hima@豊中美研 | profile |  2009/07/13
コットン気分さん、こんにちは。

もう少し離れて撮るとピントが合うと思います。(カメラによっていろいろでしょうが)

この写真では細かいところ(タッチなど)がよく見えないので、全体の話になりますが
まだまだ塗りが弱い(うすい)です。

しっかりと陰影の部分(暗部や最暗部)を塗ってください。

NO.7565   Re: 中国茶器  コットン気分 | profile |  2009/07/13
Hima@豊中美研先生、ご講評どうもありがとうございます。

>もう少し離れて撮るとピントが合うと思います。
>(カメラによっていろいろでしょうが)

ケント紙に書いた鉛筆の線に照明が反射するようで
どうも鉛筆画の写真を撮るのが巧くいかないです。
家にあるコピー機でデッサンをコピーしたほうが
はるかに絵が鮮明で分かりよいとは・・。

>この写真では細かいところ(タッチなど)がよく見えないので、
>全体の話になりますがまだまだ塗りが弱い(うすい)です。
>しっかりと陰影の部分(暗部や最暗部)を塗ってください。

はい。「トロアトーン」という言葉を知って、濃淡をつける事を面取り的に
考えようとしているのですが、描く段階になると四苦八苦しています。

暗部の中の明るい部分を出そうと思って、練り消しで取ると
一度に明るくなってしまうためだと思うのですが、さらにその上から描いていると
ケント紙に鉛筆がのらなくなってきます。

ステッドラーで描いていますが、どうもこの鉛筆は「硬い」気がします。
三菱ユニ×BBケントならもっと柔らかめになりますか・・。

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。