[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
球2

NO.8092   球2  shino | profile |  2010/02/21
こんばんわ。

2回目の球になります。
前回指摘されたタッチのガタつきと影の薄さを意識してみたんですが…
ガタつきがまだまだあるように感じます…
全体的に濃くなってしまい、明暗の差があまりだせていないような気がするのですが、どうでしょうか?
また、いつもHBから描き始めているのですが、どの濃さから始めるのがいいのでしょうか?
ご講評おねがいします。


鉛筆:4H,2H,HB,3B,6B
時間:1.5H




NO.8093   Re: 球2  Hima@豊中美研 | profile |  2010/02/22
shinoさん、

鉛筆の使い方も球の形も前回より良くなりました。
でも、立体感は前のほうがずっと良かったですね。

原因はトーン(塗り)が平坦になってしまって、
「白い球」なのに灰色(色味)がかぶってしまいました。

明部をもっと白く、暗部を暗く、つまりトーンの「幅」を広げて
「球のトーン」を表現してください。

明暗稜線(境界線)ですが、明暗2色で描くとすればどういう領域が明るく、どこが暗くなるかというのを最初に頭で描いて(うすく線を引いてもいいです)それを完成まで忘れないようにしてください。

お手本が参考になると思います。
といいますか、前回のデッサンではその点はちゃんと描けていたと思います。

NO.8094   Re: 球2  shino | profile |  2010/02/22
さっそくのご講評ありがとうございます。

>>明暗2色で描くとすればどういう領域が明るく、どこが暗くなるかというのを最初に頭で描いて(うすく線を引いてもいいです)それを完成まで忘れないようにしてください。

描いているうちにトーンがわからなくなってしまいます。
トーンって難しいですね。
お手本をみながら根気よくがんばってみます。

また次回もよろしくお願いします。

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。