[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
卵

NO.9080   卵  てて | profile |  2011/05/24
Hima@豊中美研様

こんにちは。
また、卵を描きました。
前回より形も卵に近づいたかな、と思います。
ご講評よろしくお願いいたします。




NO.9081   Re: 卵  Hima@豊中美研 | profile |  2011/05/24
ててさん、

丸くなって形はよくなりました。
トーンもこれで間違いはないのですが、明部から暗部にかけて
もっとやわらかく(なだらかに)変化するように注意してください。
(これはそういう練習だと思って)
広い明部から突然暗くなっているように見えますが、もっと中間調(灰色)の部分の幅を広げてほしいということです。

投影も平坦ではなくもっと周囲に向かっての変化が欲しいですね。
球体のトーンやその投影は同じ明るさの部分(平坦な塗りで表現する部分)がほとんどないと考えましょう。

NO.9083   Re: 卵  てて | profile |  2011/05/24
ご講評ありがとうございました。

>>広い明部から突然暗くなっているように見えますが
光と陰の境界になるところは、実物を見るとはっきりと分かれているように見えます。
そう描くと、なんだかのっぺりと丸みの無い感じになってしまうので、どうしたものか…と思っていました。
次は、もっとなだらかに灰色の幅を広げてみます!

ありがとうございました。

NO.9084   Re: 卵  Hima@豊中美研 | profile |  2011/05/25
>光と陰の境界になるところは、実物を見るとはっきりと分かれているように見えます。

実際にはそう見えるケースが多いと思います。
光源の設定を自由にできればベストなのですが、なかなかそうはいきません。
脳内で「変換」してください。
そこでどういう「変換」をするかというのも(絵画表現や美的感覚に関係した)勉強のうちだと思います。

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。