[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
お鍋とダンボールと新聞

NO.9198   お鍋とダンボールと新聞  ラセイン | profile |  2011/09/02
初めまして。

以前から、皆さんのデッサンや先生のご講評を拝見させてもらっていた者です。
この掲示板の雰囲気にも惹かれ、是非とも自分も参加してみたいと思い、今回投稿させてもらいました。

受験を目指していて、予備校にも通っています。
このデッサンはその予備校で描いたものです。
グレースケールはデッサンを描く前に、だそうですが、描いていなかったので今回は載せていません。ごめんなさい。

かかった時間:5時間
使用した鉛筆:4H〜5B
使用した紙:画用紙
反省点:お鍋の右側の取っ手が傾いている(指摘されました)

写真で撮影した際、画面左上が光って薄くなってしまいました。
撮影の技術の方も上げます。

ご講評、よろしくお願い致します。




NO.9200   Re: お鍋とダンボールと新聞  Hima@豊中美研 | profile |  2011/09/02
ラセインさん、ようこそ。

頑張って描いていますね。
複数モチーフの場合、書くことが多くなりすぎますので構図・配置主体のコメントになります。

まず、上下が空きすぎです。

箱と鍋の中心線が重ならないように配置しましょう。
視点も心もち上げたほうがいいです。
箱の底をすべて隠さないように。
箱は水平すぎますのでもう少し傾けましょう。
芋はもう少し見えるように、ですね。

これらをよく考えて、上記の「上下の余白が開きすぎ」を解消するような構図にしましょう。

あと鍋の楕円形も要注意です。
ここまで多くを並べないで、箱と鍋くらいにしてしっかり勉強するほうが上達が早いと思います。

(それぞれの予備校でいろいろ指導方針があるでしょうから、間違っているとか正しいとかではなくて、参考までに)

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。