[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
球3

NO.9509   球3  メイプル | profile |  2012/01/28
Hima先生、こんにちは。

今回も引き続き球を描きました。明るい部分を増やしたつもりですが、まだ濃いように思います。ご講評、よろしくお願い致します。

用紙:B5スケッチブック
鉛筆:2H〜2B
時間:3.5時間





Re: 球3

NO.9510   Re: 球3  Hima@豊中美研 | profile |  2012/01/28  [ URL ]
メイプルさん、

しっかり塗れていて迫力のあるデッサンです。
存在感(立体感)も悪くはありません。

やはり問題は「白さの表現」ですね。
(以前よりはかなりよくなったとは思いますが)

光の方向(青線)を考えると
最明部は小丸のあたり、
明暗境界線はもう少し下げるといいでしょう(赤点線くらいに)。
これで明部が広くなり「白さの表現」が楽になると思います。

それと影の輪郭がくっきりしすぎです。周囲に融けこむような感じに!
そうか・・メイプルさんは明るいほうのトーンコントロールが苦手なのですね。
これはその自覚さえあればすぐに改善することです。

NO.9511   Re: 球3  メイプル | profile |  2012/01/28
Hima先生… こんなに遅くまでご苦労様です。今回もご講評
ありがとうございました。こちらは、朝です。

>しっかり塗れていて迫力のあるデッサンです。

ありがとうございます。前に描いた時より何となく球の奥の部分
が感じれるようになってきた気がしています。

>光の方向(青線)を考えると最明部は小丸のあたり

とても分かりやすいです。球と机、両方の影をもっとよく観察す
るようにします。疑問に思っていることがあります。球の最明部と
スペキュラーの位置は、ずれていると思っているのですが、両方を
意識しながら描くべきでしょうか? 
それともスペキュラー=最明部と考えていいのでしょうか?

>やはり問題は「白さの表現」ですね。

かなり白くしようと思って取組んだつもりでも、まだ暗くなって
しまいます。ご指導のように明暗の境界位置に気をつけてみます。

>それと影の輪郭がくっきりしすぎです。

明るいトーンの練習が当面の課題のようです。何でも強めに描いて
しまう癖を意識してみます。またよろしくお願い致します。


Re: 球3

NO.9513   Re: 球3  Hima@豊中美研 | profile |  2012/01/28  [ URL ]
>疑問に思っていることがあります。球の最明部と
>スペキュラーの位置は、ずれていると思っているのですが、両方を
>意識しながら描くべきでしょうか? 
>それともスペキュラー=最明部と考えていいのでしょうか?

スペキュラー(鏡面反射によるハイライト)は最明部とは異なります。
球の場合は「少し中央より」くらいの気持ちで。(画家は大雑把です<笑>)

図示しますが、Aが最明部ですが光は光源の方向に反射します。(反射光は「眼」には来ない)
Bがスペキュラーで「眼」の方向に光(反射光)が来ます。

ということなのですが、基礎の勉強では、鏡面反射がでにくい材質ということで石膏立体を使うわけですね。
この場合スペキュラーは無視できるくらい微少ですから、結論は「スペキュラーは描かなくてもいい(気にしなくていい)」ということになります。

せっかくのご質問に素っ気無い解答で申しわけないです。

NO.9519   Re: 球3  メイプル | profile |  2012/01/29
>せっかくのご質問に素っ気無い解答で申しわけないです。

とんでもありません。とても丁寧なご説明に感謝です。
実際に描いているモチーフは白い発砲スチロールの球なので、
ハイライトが強くはありませんが入っており、いつもどう理解して、どう扱うべきか疑問に思っていました。今の私の段階では、
それ程気にせずに描いて行こうと思います。散らかっていた本
が、本棚にきちんと納められた気分です。ありがとうございま
す。

NO.9522   Re: 球3  Hima@豊中美研 | profile |  2012/01/29  [ URL ]
いえいえこちらこそ、良い質問をありがとうございました。

以下は雑談になりますが、
私は答えにくい質問に辟易させられることが多いのです。

たとえば、
「デッサン上達のコツを教えてください」
「独学でも美大に合格できるでしょうか?」

・・・私が困る理由は書くまでもないですよね。

(これを読んでいる人は私にくだらぬ質問はなさらないように。特にメールでは<笑>)


BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。