[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
タマゴ四個目です。

NO.960   タマゴ四個目です。  KEI@神奈川 | profile |  2003/08/01
30分と時間を決めてチャレンジしてみましたが、余裕でOVER。(汗
しかも、無駄に焦ったせいで狂いが続出。
試験本番が思いやられます…。

今回はトーンの変化を一番気をつけました。
そのために使い慣れない4Hを実験的に使用してみたり…。
結果、全体的に薄くなっちゃいましたけど。(汗

添削よろしくお願いします。

・ケント紙
・鉛筆(B,HB,4H)
・時間:1.5時間




NO.962   Re: タマゴ四個目です。  Hima@豊中美術研究所 | profile |  2003/08/01  [ URL ]
KEIさん、

受験ということなら、制作時間がかかりすぎるのが気になりますが
数をこなすにつれて良くなっているのがおわかりと思います。

特にトーンはずいぶん良くなりました。
立体感の表現の練習ということで、もう少し卵全体のトーン(明暗)を
強調してもいいでしょう。
このデッサンの場合、下部の濃さを強くしてください。
(やりすぎるのはいけません、他の皆さんの作品を参考にしてください)

投影も中央に向かって黒くなっていく状態を強調して「演出」してください。
デッサンは「見える通り」に描くのではなく、
描かれたものが卵ならばそれが卵に「見えるように描く」のです。
そこに作者のいろんなもの(意欲やセンスや思考など)がにじみ出るわけですね。

NO.963   Re: タマゴ四個目です。  KEI@神奈川 | profile |  2003/08/02
ありがとうございます。
いままでは、「見えるとおりに、忠実に描く」のを重視していました。
それだけでは、不足なのですね…。
とても勉強になります!

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。