豊中美術研究所
[ HOME ]
課題

NO.6225   課題  はち | profile |  2008/03/06
フリートークで相談していたはちです。
おっしゃっていたものを描きました。
今の出来具合を見ていただきたく、
まずは掲示板などを見ず描いてみました。

時間は2時間ほど
鉛筆は6B・4B・3B・2B・HB・2Hです。

一応、立方体が木、球体が金属、円柱がコンクリート、
円錐がガラスのつもりで描きました。
コンクリートと木の表現がよくわからず苦労しました。

NO.6226   Re: 課題  Hima@豊中美研 | profile |  2008/03/06
はちさん、

この課題にはいろいろなポイントがあります。

まず、このように「課題だけ気にして、そのままの解答として描いた」というような仕上がりではだめです。
学科(数学や英語)の試験とはまったく違うのですね。

○各モチーフそれぞれ単位線(たとえば高さだけ)を取って比較してみてください。
 球なら頂点と底点(接触点)を結ぶ線、円錐なら頂点と底面楕円の中心を結ぶ線です。
 立方体と円柱については説明の必要がないでしょう。
○ただ並べるような配置をしてはいけません。
○立方体は左右対称に見える方向からは描かない。

ではどうすればいいか、ですが
「遊び」の要素を加味して、「変化とバランス」を考えて配置構成します。
たとえば子どもが「積み木」を目の前にして、こんな並べ方をすると思いますか?
アートの大きな部分が「遊び心」と関連しています。

BACK  INDEX  NEXT