[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
リンゴ (2)

NO.6498   リンゴ (2)  Till | profile |  2008/05/18
前回ご指摘いただいた点に自分なりに注意して描いてみました。
遠近感をだすために、窪みの向こう側をすこしぼかしてみたのですがどうでしょうか?


ご講評宜しくお願いします。


時間:7時間   鉛筆:H〜6B




NO.6499   Re: リンゴ (2)  Hima@豊中美研 | profile |  2008/05/18
Tillさん、

ずいぶん良くなりました。
全体にしっかりと塗れてリンゴの深い赤色まで表現できています。
窪みもいいです。
ヘタの影もOK。ヘタが少し細いので心持ち太くして円柱トーンを加えましょう。

これで立体感・空気感もあるのですが、全体の光(球のトーン)が・・・

NO.6500   Re: リンゴ (2)  Till | profile |  2008/05/18
ご講評ありがとうございます。

球のトーンですか・・・。具体的にどういった点というのがありましたら、教えて頂けるとありがたいです。

シンプルな球を描いて基本を練習してみます。

NO.6501   Re: リンゴ (2)  Hima@豊中美研 | profile |  2008/05/18
>球のトーンですか・・・。具体的にどういった点というのがありましたら、教えて頂けるとありがたいです。

地球に例えれば太陽の光があたっている半分が「昼」です。もう半分が「夜」ですね。
宇宙空間の太陽の光ほど強烈ではありませんが、室内に置いたモチーフにも「昼と夜」があり、どの方向からの光が強いかの表現は立体感・存在感の表現にも大きく貢献します。
たとえ濃い色のモチーフであってもそれがわかるような描き方(明暗)を加えてください。

NO.6504   Re: リンゴ (2)  Till | profile |  2008/05/18
丁寧なご説明ありがとう御座います。

今まで、光が当たって影が出来るといように考えず、ただ見えたモノをそのまま描いていました。これからは光の方向というものを意識して、立体感がより際立つよう工夫してみます。

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。