[ HOME ]
芸大・美大受験講座 併設 [美術高校受験クラス ]
短期集中コース 一日体験入会
絵画・デッサン教室 資料請求



最新の投稿はこちら→鉛筆デッサン講座【第1室】
卵9

NO.747   卵9  観 | profile |  2003/06/21
卵以下の点に注意して描いてみました。

机に写った影が左上がりになりすぎないように。
卵本体の両端の黒い部分が黒く目立ちすぎないように。

風間完さんの本とても興味が持てそうです。簡単に分かるようでしたら、良ければ出版社教えてもらえますか?

ご指導宜しくお願いいたします!!




NO.750   Re: 卵9  Hima@豊中美術研究所 | profile |  2003/06/22  [ URL ]
観さん、

デリケートなトーンが描けるようになってきています。
左右の暗い部分ですが、どちらか一方にしてもう一方は押さえた(控えた)ほうが立体感がでます。

机の「影」は立体と同じ大きさが原則です。
もちろん「影」のすべてを濃く塗る必要はないのですが、
その大きさを感じさせるような「影」を描かないといけません。

風間さんの本の出版社は「朝日新聞社」です。

NO.752   Re: 卵9  Hima@豊中美術研究所 | profile |  2003/06/22  [ URL ]
なお「エンピツ画のすすめ」は普通の技法書ではありません。
デッサンへの愛情に満ちた本です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/402260445X/qid=1056213043/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-4068588-9100258

NO.754   Re: 卵9  観 | profile |  2003/06/22
ご指導ありがとうございます。
訂正したいと思います。

「デッサンへの愛情」ですか、素晴らしいですね。そのような本を読みたいと思っていました。さっそく取り寄せようと思います!

BACK  INDEX  NEXT



『鉛筆デッサン講座・無料版』は公開形式で実施しておりますが、会費制の『通信講座』(非公開)もあります。